現場主義って?!

10月1日付けで組織の変更があり、実質的には
今日から新組織での業務開始です。
 先日壮行会をした元上司から、早速赴任の挨拶が
E-mailで出されていました。
 こんなフットワークのいいところが皆の信頼を
得るところなのでしょうか?
 ところで、今日は夕方から部長クラスの方がた
4名を召集し、ぺいぺい1名で打ち合わせを実施!
 組織変更が多くてその度に全組織の担当業務が
捨て去られています。
 ここ3年位に捨てられた業務の整理整頓を行い、
きちんと業務を進めたい! そんな現場の声を
伝える場として設定したのですが、なかなか壁は
厚いですね。
 取り敢えずという結論はなんとか出せたので
良しとしましたが、これでは個人的には不完全燃焼!
結果不足です。
 現場主義という言葉を会社でもよく耳にするけど、
現場=製造ラインというイメージあるのか、どうも
間接部隊の担当者の声は形にしにくい。
 組織で業務をする以上、全ての業務は会社にとって
必要なはず!
 それら一つひとつの業務を直接担当する人はまさに
現場だ~! と思うのですが、、、。
 余りにも保守的で事務的な会議に落胆してしまった。
 でも、マネージャを招集して説明する立場にいた
私にもこんな結果に至った要因でもあるんですよね。
 担当の目で見れば、マネージャなんでしょ!って
言いたいこともあるけれど、、、、。
 なんか、客観的に物をとらえ、現実とのギャップを
見極めて対策を検討、そして実行する。 という事が
できない状況に寂しさを覚えます。
 多分、私の知らない世界があるんでしょうね。
不本意ながらもそう考え、割り切ることにしました。
 これ以上書くと愚痴だらけになりそーーーー。
 今日はこれで終わり、明日はまたゼロベースで
頑張りま~す!
では、、、。

Follow me!

前の記事

ダメです